野の花農園about us
食は生命であること私たちは荒れた耕作放棄地を農園に蘇生し、有機野菜の栽培に励んでいます。虫にかじられた一枚の葉っぱから学びます。食は生命であること、自然の営みの調和力と生きる強さ、そして周囲の環境の大切さを。私たちは、この学びを大切にする企業でありたいと願っています。 野の花農園代表 宮原知司食は生命であること私たちは荒れた耕作放棄地を農園に蘇生し、有機野菜の栽培に励んでいます。虫にかじられた一枚の葉っぱから学びます。食は生命であること、自然の営みの調和力と生きる強さ、そして周囲の環境の大切さを。私たちは、この学びを大切にする企業でありたいと願っています。 野の花農園代表 宮原知司
農/有機・無農薬栽培・昔ながらの栽培方法にこだわり安心・安全な野菜を作っています。
人・食育・子育て農業など様々な学びの場として、体験を通して人と人の繋がりを築き地域活性に貢献します。
食・生産地や生産者の顔が見える安心な素材を使い、心を込めた料理をお届けします。

地域に農業を!土壌改良で肥沃な農地を

地域に農業を!土壌改良で肥沃な農地を
国内の農家の現状は、その低収益性と過酷な労働条件から、後継者が不足し、耕作放棄地は年々増加しております。
野の花農園の周辺にも、昔は肥沃な農地だった土地が、今や荒れ放題のイバラや雑草の生い茂る荒れ野になり果てた所が随所に見られ、毎日それを目にする人の心にも良い影響は与えず、社会環境としても健全ではありません。
一方、農地の所有者である農家の方々は、先祖から受け継いだ土地を手放すことは出来ず、されど高齢で農作業も出来ず、子や孫は農業を継がず都会へと離れ、伸び盛る雑草が近隣の健全な耕作農地の迷惑になっていることに日々心痛しておられる状況です。

野の花農園は安全な農作物を生産するために化学肥料や農薬で汚染されていない農地が必要と考えている中、何年間も放置された耕作放棄地は好条件のものでした。

重機を入れての開墾は大変な作業でしたが、このあとたっぷり時間をかけた土壌改善によって、肥沃な農地を蘇らせることができました。

願いを未来へ繋ぐ豊かな農園へ

この野の花農園を核に、多くの若者が故郷で生計を立てられるようになり、また多くの都市生活者が癒しと大地のエネルギーを求めて、この地を訪ずれ快適でのんびりできる、なつかしい土の香りのする田舎を作りあげたいと思っています。
蘇った農地で、環境負荷の低い有機農法での農業。地域の雇用の場を提供し、環境保全に貢献し、そして多くの人々が土に触れることで食物の大切さ、農業の大切さ、自然への感謝、自然に対する謙虚さ、人間のあたたかさなどを体感できる・・・・・・・・・・。
そんな心豊かな農園に育てていきたい。それが野の花農園の想いです。
野の花農園が目指す農園

ページの先頭に戻る

野の花農園の歩み

平成18年2月 近隣の農家から耕作放棄地を借り受け、面積約4反でスタート。ホテル龍登園社員の手で耕作放棄地を開墾。化学肥料・農薬を使用しない
方法で野菜・米を栽培。ホテル内の健康レストラン「清風亭」で使用。
平成18年4月 市民農園「田舎クラブ」を開設。会員18名よりスタート。
平成19年2月 借り受ける耕作放棄地の面積を徐々に増やし、土壌改善に努める。
平成20年 春日北小学校4年生に対して平成20年度から3年間、有機大豆を使った豆腐作りの授業を実施。毎年、宿泊客や一般消費者を対象と
した、ジャガイモやサツマイモの収穫体験を実施。
平成21年2月 農業生産法人株式会社「野の花農園」を設立。
平成21年8月 A・B・C農園について 有機JAS認証を受ける。
平成21年11月 耕作放棄地再生事業により面積約17反を確保。その後も、近郊の農地保有者からの要請により耕作放棄地を借上げ、開墾して農地を
拡大し、約30反(約3ha)となる。
平成22年1月 農園管理者2名を雇用し、同年8月から「農の雇用補助事業」を受ける。園長以下4名体制となり、有機農業本格始動。高木瀬小学校6年
生に対して平成22年度、有機野菜と調理実習を実施。
平成23年7月 プチヴェールの試験栽培に着手。384苗定植。
平成23年11月 プチヴェールの収穫を開始し、豆腐・青汁・ジュースへの加工食品製造を開始。
平成24年7月 農商工連携応援基金事業の助成金を受けることが決定。
平成24年9月 野の花農園の一部(A農園)を おしゃれな農園コミュニティゾーンへと進化させるための改造計画に着手。

ページの先頭に戻る